ENGLISH
東洋化工から送り出される製品は、電子・通信・OA機器周辺から、自動車部品まで、各先端技術分野に浸透しています。その根本には、ベーシック・プロデュースという、創造的製品提案から、生産、フィードバックまで、一貫したメーカー理念がつらぬかれています。それは、”企業と社会、製品と人との接点”を企業理念の大きな核として位置付け、確かな技術に裏付けられることは勿論のこと、創造性が豊かで、優れた人材の育成、徹底した品質管理システムの確立に努めているからに他なりません。生産分野では、TTS企業体を築き、金型から精密成形、パーツやユニットの組み立てまでの一貫したフレキシブル生産システムを展開しています。ますます高精度化、多機能、高信頼性が求められるエンジニアリング・プラスチック。東洋化工は、独創のパーソナリティで、そのレパートリーを広げていきます。
人間は不思議なもの、未知なるものを求めてやみません。それゆえに火を発見し、道具を使い、高度な文明を育て、それぞれの時代の物・技術・価値を創りあげてきました。現代の高度技術・情報化社会では、メーカーを取り巻く経済環境、産業構造が、大きく変化を遂げ、従来の企業体制では、複雑かつ、質的変化した社会ニーズに対応できなくなってきました。まさに物づくりは、21世紀に向けて、新しい価値が求められているわけです。
東洋化工は、企業にとっての転換キーワードを組織・開発・生産・市場形成すべてのハード・ソフト両面にわたる融合と無限の流れだと考えます。
また、それらを支え、原動力となるのが、時代に敏感な創造頭脳の集結とフレキシブルに対応する、企業システムの構築です。


人間は約70兆個の細胞の集合体です。細胞どうしがコミュニケーションし、ネットワークをくんでいます。まるでオーケストラのような、見事なコンビネーションです。エンジニアリング・プラスティックもまた『次代の細胞』に他なりません。一つひとつの「細胞」が製品に組み込まれ、豊かなハーモニーを奏でながら次代の夜明けを告げています。
東洋化工は、早くからエンジニアリング・プラスティックに取り組み、その天才的な能力に注目してきました。これからも企業の知恵を結集しながら、新しい技術フロンティアの領域を目指していき、次代のウォンツを高度な形に創り出していきたい、と考えています。


浸透するベーシック・プロデュース。
ミクロを追求するほど、成果はマクロに近づく。

技術の確かさが、先端分野へ浸透していく。
ハイクォリティを支えるのは独創的な生産活動だ。


新素材の開発、利用は企業にとって未来を解くカギといわれています。
日ごとに増殖していく新素材は、産業技術体系そのものを再編成し始めました。中でも、高分子新素材の世界は、第二次高分子革命の時代といわれています。金属に変わるといわれて誕生したエンジニアリング・プラスティックは、耐熱性、強度、寸法安定性、一体成形性、さらには、金属にはない軽さなど、数々の才能を発揮し、あらゆる産業分野から大きな期待を受けています。東洋化工は、エンジニアリング・プラスティックを軸に、技術と創造スピリッツの融合に努め、素材、化学、電子、電気、機械といった幅広い分野の複合化とネットワーク化を進めながら、新しい価値をもつ新製品開発、新素材の可能性をさぐっています。

新素材が持つ、興奮のフロンティアへ。
新素材は、時代とハーモニーするように。
新素材は、次代の花を育てるように。
新しい領域へ、とてつもない興奮へ


実績にうらづけられた、活動領域の拡大。

人と夢と技術の共鳴。
幅広い企業スタンスは、未来へ通じる、事業展開を可能にする。
富山県滑川市下梅沢1350番地
TEL(076)475-2125
FAX(076)475-9471
E-Mail:info@toyo-kako.co.jp
あなたは 人目のお客さまです。